土日診療

夜間診療

西武池袋線「保谷駅」徒歩1分

東京都練馬区南大泉5-35-8

電話番号 03-3978-1182

練馬区 保谷駅 歯科・歯医者・ホワイトニング・インプラント・日曜診療

インプラント

ネット予約できます 診療予約はこちら

インプラント治療とは

虫歯や歯周病によってなくなった場合に施される補綴処置(入れ歯など)の目標は、出来るだけ天然歯に近い人工歯を入れ、噛む機能をよみがえらせることにあります。しかし、歯の数が少なくなるほどこの目標を達成することが難しくなります。
入れ歯では、軟らかい歯肉とその下の顎の骨の形が常に変化するために、長期間の機能を果たすのが不可能なことがしばしばあります。

また、これが原因となり最終的に入れ歯が合わず、安定しなくなってしまうことすらあります。

自分の歯と同じように使うことが出来ます

インプラントはこのような場合の好ましい解決法となります。
インプラント治療においては歯だけでなく歯根も交換されます。つまり、歯の代わりとしてインプラントが顎の骨の中に埋め込まれるのです。
骨は治療期間中にインプラント周囲で育成して、インプラントは最終的に骨にしっかりと固定されます。
インプラントは治療期間中に歯肉の下に隠れ、食事の間でも完全に保護されています。
そして、インプラントを植え込んでから少なくても3ヶ月から6ヶ月後に、支台部(歯を支える部分)が連結され、その上に新しく歯が装着されます。
歯と同様にインプラントが噛む力を吸収して、顎の骨に力を適切に伝達します。

このような患者様に適しています

健康な歯を削りたくない方

従来の治療法、ブリッジを用いた治療方法は、無くなった歯を固定するために、両隣の歯を削ってその歯に義歯をはめ込む方法です。
インプラントを用いた治療法は、隣の歯を削らずに治療でき、自分の歯と同じように使うことが可能です。

部分入れ歯が嫌な方

部分入れ歯(部分義歯)を用いた治療方法は、クラスプという器具を使って両隣の歯で固定します。この方法ですと、取り外しをしたり、違和感があったり、物を食べた時に食べにくい・食べた物がつまりやすい、また金具(クラスプ、ばね、鈎)が必要で見た目が悪い、レスト窩(ストッパー)を設けるために天然歯牙を削ったりします。
インプラントを用いた治療法は、顎に固定してしまうので見栄えがよく自分の歯と同じような感覚で使うことが出来ます。

両隣の歯がなくてブリッジで治療が出来ない方

インプラントは固定式のブリッジを埋め込んでしまうので、両隣に歯がなくても治療が可能です。

義歯の安定が悪い方

インプラントは無歯顎の患者様でも治療することができます。
間隙に植立されたインプラントに、固定式のブリッジまたは取り外し式の入れ歯を保持する土台とする事が出来ます。
従来の入れ歯は、軟組織だけで保持されていたのですが、インプラントの場合、咀嚼または発生時に動くことなく保持されます。

  • インプラントで支持するブリッジ 治療前
  • ブリッジをインプラントに装着
  • 治療後

インプラント治療を受けられない方

残念ながら現時点では誰もが受けられる治療法ではありません

年齢、健康状態、顎の骨の状態、口の中の状態などにより適していない方がいます。

このような方は適しておりません

年齢
15歳以下の方
健康
手術に適していない体調の方
糖尿病の方(コントロールできている方を除く)
高血圧症、心臓病、肝臓病、腎臓病(軽度の方を除く)
貧血など血液疾患の方(軽度の方を除く)
リウマチや皮膚病などでステロイドホルモンを使用している方
アレルギー体質の方(薬物や金属アレルギー)
その他
顎の骨
顎の骨がやせている方、顎の骨の質が悪い方
お口の中
お口のお手入れが良くない方
お手入れが出来ない方
歯周病(歯槽膿漏症)は歯周病が治ってからインプラント治療を行います。
咬み合わせが悪い方
ヘビースモーカー

なぜこのような方はインプラントに適していないのでしょうか?

糖尿病、肝臓病、腎臓病など
  • 骨の質が軟らかいので、インプラントを支えきれません。
  • 歯肉が弱い
  • 細菌感染に対する抵抗力が弱い(インプラントの周りの骨に化膿を起こし、インプラントを支えている骨が吸収していきます)
歯周病・歯槽膿漏症
歯周病は歯周病菌によって起こります。
歯周病菌はうつります。当然インプラントにもうつり、インプラント周囲に炎症を起こします。
悪い咬み合わせ
咬み合わせが悪いと一部の歯やインプラントだけに力がかかり、噛む力に耐えられません。
お口の手入れが悪い方
インプラントは自分の歯に比べ、歯周病に対する抵抗力がありません。食べたらすぐに磨くなどの口腔衛生管理が必要です。

インプラントQ&A

インプラントの寿命はどれくらいでしょうか?

多くの方は長期間使用できます。
インプラントの寿命は健康状態、顎の骨の状態、咬み合わせの状態、口の中の手入れの状態によって変わってきます。
毎日の手入れなど大切に使えば90%以上の方が10年以上使用できます。

手入れが悪いとどんなに他の条件が良くても長期間使えません。

インプラントは悪くなってもあまり痛みを感じません。すなわち、定期健診を受けなければなりません。

インプラント治療は大変ですか?

手術の必要があります。
手術は歯を2~3本抜いた程度です。
埋まっている親知らずを抜くよりも楽に出来ます。埋込する本数により異なりますが、時間は1時間程度です。

治療期間が必要です。
インプラントが骨と癒着するまでに2ヶ月~6ヶ月必要です。
また、人工歯の製作に1ヶ月~2ヶ月必要です。
通院回数は、症例によって異なりますが、数回で、4ヶ月~8ヶ月必要になります。

インプラントは危険ではないでしょうか?

当院で使用しているインプラント材料は「純チタン」です。
この「純チタン」はインプラントだけでなく多くの医療材料として使用されており、体内にも使用可能な安全な材料です。
現在まで発がん性などの報告は一切ありません。

残念ながらインプラントは全ての方が一生使用できる訳ではありません。なかには除去しなければならない場合もあります。
その原因の多くは、「インプラント周囲の骨の炎症」です。骨の化膿が広がらないうちに抜去すれば、危険なことはありません。

インプラントの具合が悪くなったらどうするのですか?
インプラント除去は多くの場合、「自分の歯」を抜くのと同じです。
インプラントを除去した後、ほとんどの方がふたたびインプラント治療を希望されます。
インプラントを抜いた部位の骨が回復したら、再度インプラント治療を行います。
ただし、骨の吸収が進んだ場合には再度のインプラント治療が不可能な場合もあります。
インプラントが悪くならないように手入れを行い、定期健診を受けましょう!
インプラント治療を受けられる歯科医院
基本的にはどこの歯科医院でも治療を受けられます。
インプラント治療は年々「進化」し続けています。最新の知識と技術、設備を備えているほうが良い事は言うまでもありません。
当院ではインプラント治療専門医が治療に当たっております。お気軽にご相談下さい。
骨がやせているのですが、インプラント治療は可能ですか?
インプラント治療は長さ10~15mm、太さが4mm前後のチタン製のネジ形態のインプラント(人工歯根)を顎の骨の中に埋め込む治療法です。
そのインプラントを支えるだけの十分な骨が必要です。
骨の移植により、インプラントに必要な骨を確保します。
治療費は健康保険が適用になりますか?
インプラント治療は健康保険診療の対象外になり、すべて自由診療料金(自費診療)となります。
ただし、インプラント診療以外の歯科診療につきましては健康保険内診療も適用できます。

インプラント治療の歴史

インプラント治療の起源を訪ねてみると、その歴史は最古までさかのぼることができます。
インカ帝国のミイラの口の中にエメラルドの歯が植え込まれており、歯石が付着していたことから明らかに何年も使用していたことがわかります。

その後、時代が変わり象牙や動物の歯などが植えられました。
どうもこれらは長期間使用できなかったようです。

近年になってステンレスやゴールド、セラミックなど錆びない材料を使ったインプラントが日本でも臨床応用されました。
長期間使用できなかった方も多くいらっしゃいました。

その後、純チタンが「骨と癒着」する事が発見されたため成功率が高まり、現在では歯を失った方の治療の一手段として注目されております。

欧米先進国では失った歯の第一選択としてインプラントを行い、インプラント治療が不可能な方にブリッジや義歯で治療します。

PAGE TOP