インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

美しく機能的な治療をすることで、皆さまのお口の健康を守ります

お口元にコンプレックスを抱いていると、思いきり笑えなかったり、人前に立つことを遠慮したりしてしまいがちです。さらに、歯並びや噛み合わせの悪さは、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうなど、歯の健康維持をも阻害してしまいます。

私は、皆さまの大切な歯を守りたいという思いから、セラミック治療や矯正治療に力を入れています。セラミック治療システムなど、より患者さまのお口に適した被せ物を作製する設備を導入していますので、口元が気になる方などはお気軽にご相談ください。

中山先生が考える「美しさ」とはどのような状態を指していますか?

見た目の美しさという点では、お顔のバランスまで考慮して整えられた口元が美しいと思います。そのため当院では、お顔の大きさや形、目鼻の位置なども考え、笑った時に歯がきれいに並んで見えるように治療を行っています。 また、歯並びと噛み合わせが整っていて、左右の歯できちんと噛めるお口の環境は、健康で美しい状態だと考えています。当院では、そのような口内環境を目指して、一人ひとりの患者さまの治療に取り組んでいます。

セラミックの歯と銀歯の違いを教えてください。

分かりやすいポイントとしては、見た目のきれいさだと思います。銀歯は金属を使用していますが、セラミックは陶材を使用していますので、白くてきれいです。さらに、セラミックはお口に入れていても腐蝕してしまうことがないので、歯肉に悪い影響を与えることがほとんどありません。 ただし、セラミックの被せ物は健康な歯を削る量が増えてしまうというデメリットも持っています。そのため、治療を行った際には、その後も長い目で見てメンテナンスを行い、長持ちする治療を提供することを心がけています。

セラミック治療や矯正治療をすることで、患者さまにどのような変化があると感じますか?

口元のコンプレックスがなくなることで、表情が明るくなり、性格まで活発になっている、と私は感じています。特に、笑顔がより魅力的になるので、周囲に与える印象も良くなっているのではないでしょうか。 矯正やセラミック治療を希望される方の多くが、最初うつむきがちに来院されます。しかし、治療が進むにつれて徐々に顔が上がってきて、治療を終えた時にはとても素敵な笑顔で「ありがとう」と感謝のお言葉を言ってくださいます。矯正やセラミック治療で口元のコンプレックスを改善することは、その方の日常生活をより明るく充実したものにしてくれると考えています。

矯正治療は費用などの面からどうしても手を出しづらいイメージがありますが、中山先生はどのように考えていますか?

他の治療に比べて確かに費用はかかりますが、自分や子どもへの投資だと考えていただくのが良いのではないかと思います。例えば、歯並びが悪いことが原因で虫歯や歯周病にかかり、歯を失ってしまったとします。インプラントで補うことはできますが、それは天然歯には及びませんし、さらに費用も多くかかってしまいます。 矯正で歯並びを整えることは、天然歯を守ることにつながります。「健康で機能的なお口の環境」を維持するために、ぜひ前向きに治療を検討していただければと思います。

様々な治療方法があるなかで、患者さまに説明・選択していただく際に心がけていることはありますか?

目標設定をすることです。その方が何を望んでいて、どうなりたいと考えているのかを詳しくお伺いし、目指す目標を決めるようにしています。患者さまには、それに添った治療法を複数提示し、メリット・デメリットを一つひとつ説明します。こちらから一方的に治療を押しつけるのではなく、患者さまと話し合いながら決めることが、納得していただける治療を提供するために大切なことだと考えています。

セルフケアの指導の際に、デンタルケアグッズの紹介まで行っているのはなぜですか?

お口に合ったケアグッズを使用すると、より清掃性の高いケアができるようになるからです。例えば歯ブラシであれば、メーカーによって大きさや硬さが異なるため、患者さまのお口の状態に適したものを選ぶことが大切です。しかし、患者さま自身では何が適しているのかが分からないと思いますので、検査結果などを用いて、その方に合ったものを紹介しています。 また、虫歯になりやすいのか、それとも歯周病になりやすいのかによって、ケア方法が変わってきます。お口のタイプを判断して、それを予防するためのグッズを使用することが、清潔なお口の環境を維持するために重要なポイントです。